色気を感じる袖師窯の蓋物。
曇り空ともしっくりきます。


本日6/23(金)も通常通り13時より18時まで営業いたします。




本日6/22(木)も、通常通り13時より18時まで営業いたします。


今月もカレンダー通り水木金土曜日、13時より18時までの営業です。


店頭には袖師窯、森山窯、出西窯、五十嵐元次さんの器が。ガラスは、吹きガラス工房 小野田郁子さん、三宅吹きガラス工房 三宅義一さん、奥原硝子製造所、西川孝次さんの手吹きガラス各種が並んでおります。


お近くの際は、どうぞお立ち寄り下さい。



袖師窯(島根・松江)の器も色々と入荷いたしました。


緑みがかった呉須や瑠璃の美しい自然なトーン。
どうぞ店頭にて日中の自然光でご覧下さい。
本日も通常通り18時まで営業いたします。
明日3/20は祝日のため定休日でお休みです。


8月2週目より買付けと夏期休暇を兼ねて中国地方と丹波を旅しました。
明日24日(水)より通常営業いたします。

この旅は、東京とは違う「暮らし」と「仕事」そして「普遍的な美しさ」を感じ再認識する旅でもあります。

写真は、先日お邪魔した袖師窯(島根・松江)の仕事の様子です。


袖師窯の二色六寸丼。
なぜでしょう。カレーうどんが食べたくなります。
煮物をいれてもいいですね。


袖師窯(島根・松江)の調味料入れ
この角度で眺めていると、ヨーロッパのお城のように見えてきませんか?


太陽の様な健康さを放つ袖師窯(島根・松江)の二色鉢
何を盛りつけようか使う方が食器としてイメージしやすく、食卓で頻繁に使うという声を多く頂く袖師窯の器です。


島根の宍道湖を描いた蕎麦猪口と、わさびと生姜などの薬味入れにぴったりなミニ山型皿が袖師窯より入荷いたしました。

どちらもとても愛嬌のある素朴な器です。
セットでいかがでしょうか?


袖師窯(島根)は定番の十草鉢が大中小サイズの他に、かなり濃いめで好みな上がりの鉄市松の鉢や、先代による五寸皿や小鉢が並んでいます。

多くの窯元に言えることですが、お邪魔すると本当に様々な器が並んでいます。何度お邪魔しても新しい発見と出会いがあるのが嬉しく楽しいのですが、袖師窯もその一つ。市松は何度も頂いていますが、焼き上がりの好みもあり出会ってしまうと嬉しくてたまりません。五寸皿と小鉢もそうです。亡くなられた先代が作ったものですが、こちらもまた私たちの下にきてくれ嬉しく感激した器です。

なかなか全てはどうしてもご紹介できないので、松江へ行かれた際はどうぞ窯元へ足をお運び下さい。袖師窯は比較的多くの器が展示場に並び一般の方々もご購入頂けます。もちろん東京近辺の方は、お散歩がてらどうぞこちらへお立ち寄り下さい。


Working day & time

Wednesday, Thursday, Friday and Saturday : 13:00 - 18:00

Closed:Sunday, Monday, Tuesday and National holidays

Access

KOGEI KEATON
1-48-10, Setagaya, Setagaya-ku, Tokyo, 154-0017, JAPAN
TEL: +81368053737

Google Map

Contact Us

Email
+81368053737

SNS