松崎修さん(益子)の鉢物(横 27.5cm x 縦 21cm x 高さ6cm 厚み1.5cm)
松崎さんに注文をお願いする際には、極力厚めで作って下さいとお願いしています。店頭にもう一枚ある大きめの鉢物は厚み2cm。手に取ると、とてもしっくりと馴染みます。角という角を落としすぎず、しかし人を寄せ付けないほどの鋭角さもなく、厚みと大きさ、彫りの加減など食器としてとても心地よい木漆です。
Japanese black and red laquer bowl by Osamu Matsuzaki (W 27.5cm x L 21cm x H 6cm x T 1.5cm)


松﨑修さんの木漆は、ご本人が「指紋が着く事など気にせずに気軽に触ってもらいたい。片手ではなく両手で取ってもらうくらいが理想」とおっしゃるように、飾る器でもなければ1年に1度のお祝い事で使いその後は棚の奥に仕舞ってしまうものでもなく、普段の食卓で楽しく使って頂きたい木漆です。

木漆というとお手入れを心配される方もいらっしゃるかもしれません。でもお手入れはいたって簡単です。焼き物と同じように、使用後はスポンジに洗剤をつけて軽く洗い、毎日使うならそのまま焼き物と同じように乾かす。または乾いた布巾で拭く。してはいけないことは、濡れたまま食器棚に仕舞ってしまうことと、電子レンジの使用そして食器洗い機の使用。これだけです。

木のテーブルはもちろん、洋物和物どちらのテーブルクロスに合わせても食卓の世界観がガラリと変わります。わが家では朱色のサラダサーバーは、アフガニスタンの大鉢や沖縄の大きなワンブー。掛谷康樹さんの練上げの大鉢などありとあらゆるものに合わせていますが、どれもしっくりきます。漆の皿は、藍染めのテーブルクロスもいいですし、インドの刺子と合わせても楽しいですね。

どうぞお手に取ってご覧下さい。
ご来店お待ちしております。

New Arrivals of lacquerwares by Mr.Osamu Matsuzaki from Tochigi,Japan are now in our shop ! Please come to see and touch it to feel his world.


今日から7月ですね。

さて、先日買付けしてまいりました松﨑修さんの木漆が早速店頭に並びました。

お散歩がてらどうぞお立ち寄り下さい。


Working day & time

Wednesday, Thursday, Friday and Saturday : 13:00 - 18:00

Closed:Sunday, Monday, Tuesday and National holidays

Access

KOGEI KEATON
1-48-10, Setagaya, Setagaya-ku, Tokyo, 154-0017, JAPAN
TEL: +81368053737

Google Map

Contact Us

Email
+81368053737

SNS